読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジブンマトメブログ

チラシの裏型実践タイプブログ

経口剤のスタックを考えるパート2

自分の場合オキシメトロンだと常時ケア剤を飲まないといけないので

肝臓に負担がかかりサイクルが一週間持たない。

またASの第一選択薬としてネットではオキシメトロンやダイアナボルが勧められている記事が多いが

そもそも副作用が多い物を一番に勧めるのはどうよ?という思いも出てきた。

ケア剤までセット購入を狙うアフィリエイトサイトの考えかもしれんけど

知識が無い人からは買いたくないね。

 メテノロン25mg(プリモボランタブレット

天然由来成分で副作用が少ない。

だが50錠で¥9,300という値段を考える。

1錠辺り186円。

そして単体で効果出すとすると一日あたり100mg必要と試算して4錠飲むと¥744。

12日で一箱使い切る計算。高い。

ダイアナボルやオキシメトロンとスタックするのが一般的だが

これは上記の薬剤で副作用が出にくい人向けと考えた方が良いだろう。

 

ここでスタックのいくつかのパターンを考える。

  1. オキシメトロン/ダイアナボルXプロビロン(女性化を防止し筋肥大効果はキープ)
  2. オキシメトロン/ダイアナボルXスタノゾロール(体脂肪カット、血中自由ステ濃度アップ)
  3. オキシメトロン/ダイアナボルXプリモボラン(副作用が出にくい人の筋肥大優先選択)
  4. プリモボランXスタノゾロール(副作用を抑えつつオキシメトロン単体クラスの肥大を狙う)
  5. スタノゾロールXプロビロン(筋肥大効果は控えめだが副作用も最低限な組み合わせ)

ちなみにオキシメトロンとダイアナボルはキャラが被るのでスタックしない方が良いと思う。

これ以上の筋肥大を望むならデカデュラボリンなどの注射剤とオキシメトロン/ダイアナボルの

スタックだろう。

そこから先はテストステロンエナンセートなどAS中級者の領域に入るので当サイトでは省略。

 

 またASの効果は個人差が大きい。

スタノゾロールやプロビロンが単体でも効果があるという人は結構見かける。

特にスタノゾロールは女性や若年者に対しての相性が良い。

ベン・ジョンソンのドーピングで有名だが近年でもメジャーリーガーなどで使われている。

 スタノゾロール10mg

50錠入りで¥2,381だから一錠47.62円。

プリモボランの1/4以下のコストである。