読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジブンマトメブログ

チラシの裏型実践タイプブログ

中華カーボンフレーム in 2016 HongFu編

調べれば調べるほど深みに嵌る中華カーボンフレーム界隈。

現在食指が動いているモデルをまとめてみる。

HongFu編

自前のチームや自社ブランドをも持つ中華カーボン界の雄

HF-FM066(AVENGER A4)

Click to view the next picture

www.hongfu-bikes.com

フレーム単体重量780gを誇るクライマー~コンフォタブル系。

その性能はチーム右京にもあー!!されるほどの出来具合。

ジオメトリー的にもちょうど良い塩梅。

RIDLEYのHELIUMに似ているとか似ていないとか。

HF-FM069 (AVENGER A6)

Click to view the next picture

 

www.hongfu-bikes.com

こちらもフレーム単体重量780gを謳うT1000カーボン使用モデル。

FM-066とはジオメトリーがやや異なり、トップ長とホイールベースが長い。

CanyonのUltimate CF SLXに似ているとか似ていないとか。

 

HF-FM169 (AVENGER R8)

Click to view the next picture

www.hongfu-bikes.com

REACTOとCento1AIRを合体させたケンタウロスなエアロフレーム

フレーム単体1100g

リアブレーキはREACTO同様BB下に搭載(ダイレクトマウント)

REACTO TEAM-E

Cento1AIR

AVENGER R8

ステム周りの処理を今風にすれば化ける子。

 

HF-FM098

http://www.hongfu-bikes.com/html_products/2016-NEW-full-carbon-aero-road-Frame-317.html

www.hongfu-bikes.com

 

Click to view the next picture

同年に二種類の異なるエアロロードをラインナップさせるという

ジャイアントでも出来ない離れ業をやってのけたHongFu。

フレーム単体重量1050g

こちらはDENGFU版FM-098