読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジブンマトメブログ

チラシの裏型実践タイプブログ

グループセット重量(残5,443g/¥121,100)

各グループセット重量比較(wiggle価格)

9000系DURA-ACE  1,987g  ¥159,900

6800系ULTEGRA    2,274g ¥79,900

ATHENA11s             2,402g ¥59,900 (アルミクランク仕様)

5800系105    2,531g ¥41,450  

 

DURAは買えんしカンパはコーラスから上はコスパが悪すぎる。

重量からコンポ分を引くとULTEGRAで3,169g、ATHENAで3,041g、105で2,912g

予算からコンポ代を引くとULTEGRAで残¥41,100、ATHENAで¥61,200、105で¥79,650

バイクの軽量化と財布の軽量化は比例するが、あまり軽量化し過ぎるとパーツがコンプできない。

暫し熟考。

 

Sramはどうか?

Sramグルームセット重量比較(merlincycles価格)

Sram Red22 1,796g ¥141,250

Sram Force22 2,174g ¥79,539

Sram Rival22 2,281g  ¥59,466

 

Sramは全般的に軽量化に対するコスパが高い。

特にRivalはATHENAの価格帯でULTEGRA+7gという重量を達成している。

仮にRivalを採用した場合重量は残3,176g、予算は残¥61,634

割と何とかなりそうな数字である。

BBとの兼ね合いがまだよく分からないがとりあえずSram Rival22を仮採用とする。