ジブンマトメブログ

チラシの裏型実践タイプブログ

Morbid Angel 完全復活のお知らせ

スピンオフに注力したらすっかりメインになってこっちが書けなくなってもうた。

しかし何気なくyoutuneのトップページを開いたら

Mobid Angelの最新ライブ映像のリンクを発見した。

スティーブ・タッカーが再加入してから暫く経つが

アップロードされてから日が短いのにコメントの数が凄い。

そしてそのライブの中身と言ったら。。。

 

デスメタルを四半世紀聞いてる身にとっては

Morbid Angelの存在というのは途轍もなく大きいものである。

デスメタルセカンド・エラはこのMorbid Angelの1stアルバムから

始まったと言っても過言では無い。

 

www.youtube.com

www.youtube.com他のバンドとは一線を画し、ペストや黒魔術が流行した頃の

中世ヨーロッパにタイムスリップしたかのような世界観の2ndアルバム。

こもった音像が逆に禍々しさを演出している。

 

www.youtube.com

メジャーレーベルからリリースされバンド史上最高売上を記録した3rd。

しかし楽曲の最高速記録は更新している。

古典的なスラッシュナンバーのLion's Denがツボにハマる。

 

www.youtube.com

速さと重さと暗さが最高基準で組み合わさったマスターピース

Nothing But Fearからのキラーチューン3連発は死ねる。

 

故にデビッド・ビンセント再加入以降の変質っぷりは耐えがたく

自分の中で存在を無かったことにしていた頃もあった。

なんであのアルバム発表まであんなに時間がかかったのだろうか?

www.youtube.com

特に聞く必要は無いが一応上げておく。

パーツ時代は悪くない場所もあるが、アルバムの全体像を決定的に作り間違えている。

 

何年も延々と続くただ昔の曲を演奏するだけのツアーの最中

ピート・サンドヴァルがヘルニアの為離脱し、後に正式に脱退。

傭兵メンバーを集めて誰が音頭を取ったか分からない変なアルバムをリリース。

その曲の受けが悪いのかネタが無くなったのかは知らんが

ライブではスティーブ・タッカー時代の楽曲をプレイしだす。

そんな状況をコントロールしきれなくなったのか、

恐らく脱退という名のクビ宣告を全メンバーに告げたのだろう。トレイは。

 

しかし最初のデビッド・ビンセント脱退後のスティーブ・タッカー時代も

当時はかなり評価が分かれたと思う。

単純にアグレッシブになったからよし、という支持と

Domnationまでの楽曲の微妙なバランスが崩れNILEみたいになったのでちょっと。。。

という拒否反応。自分は後者だった。

www.youtube.com

とにかく速い+牛馬のようなスタミナを持つピートが確変に入った5th。

スティーブ・タッカーのVoは違和感なくバンドにハマる。

 

www.youtube.com

前作とは違い重さから始まるが、中盤から手のひら返しの超高速モードに突入。

楽曲順を入れ替えればもっと行けた感あり。

 

今聞くとスティーブ時代の最初の二枚は時代に重厚な楔を打ち込み、

簡単に流されない出来になっていると言えよう。

 

そしてMA史上最大の問題作、Hereticをリリース。

当時はもうトレイが何を考えてるのかさっぱりわからなかった。

www.youtube.comこのアルバムと音像が正しく評価できる時が来るのか?

 

その後デヴィッド・ビンセントが再加入した後の経緯は記事冒頭へ。

人間自体が変質したのか、最初の脱退時から元々持ったものなのか、

デビッド・ビンセントはB級俳優のようないで立ちに近づき

バンド脱退後はカントリーミュージックをプレイしたと思ったら

ついにはMA時代の楽曲を自分のバンドでフル演奏するという

破廉恥極まりない行為に及ぶ。

www.youtube.com

これについてはコメントする価値すらない。

 

時は巡り、バンド達は時代共に老いて行く。

若返ろうとして若返れないメタリカやスレイヤーのようなバンドもいる。

しかしトレイは20年前の音像をそのまま再現する事に成功したのであった。

これはMAがデスメタル界の頂点に瞬時に復帰したことを意味する。

デヴィッド時代の楽曲を全て捨てても、この音圧と技術と世界観があれば

帝王は帝王であり続け、オッサンはいつまでもキッズであり続ける。

www.youtube.com

価格重視でケア剤を選ぶな

皆さんがケア剤を選ぶのは何の為?

もちろん副作用を抑える為でしょう。

特に不可逆的な障害が残る女性化乳房については何としても避けたいはず。

またオフサイクルになっても睾丸の性能が戻らなければ

人としての尊厳も危ぶまれてくる。

 

ジェネリックってあるでしょう。

あれって先発品と全く同じ訳じゃないからね。

金ケチって安いの買っても、いざという時使って期待した効果が現れなければ

安物買いの銭失いと言われても仕方ない。

その時改めて効果がある物を注文しようとしても

品切れしてたり到着までに時間がかかって結果的に副作用が進んでしまう、

なんてことは嫌でしょう。

 だから本当に副作用を避けたいのであれば先発医薬品を選択するのが賢明。

女性化防止のケア剤としてのアリミデクス。

エストロゲン(女性ホルモン)の受容を阻害するノルバテクスに対し

アンドロゲン(男性ホルモン)をエストロゲンに変換する酵素(アロマターゼ)を阻害し、エストロゲンを減らす仕組みのアリミデクス。

ようするにノルバテクスを飲んでもアロマ化は止まらないっつーわけだね。

 

理想はサイクル当初からプロビロンと他のASとのスタックをした方が良い。

 これもアロマ化を防ぐ効果と若干のアナボリック効果を併せ持つAS。

オキシメトロンやダイアナボルなど効果強めなAS使用時には欠かせない。

 

こんなのや

こんなのを使う際には必須だっつー事。

 

クロミドもジェネリックより先発品の方が安心です。

フィンペシアに関してはAGA使用時では脱毛の報告も散見されるので

プロペシアの方が安全かもしれない。

本音、本気の経口ステロイド使用法を考え中

とまあ色々あるんですわ。

自分が使ってたのは去年の事だけど今ならこうしてたというTIPS集はままある。

ま、今はステロイドはしないんですけどね。

スタックの組み合わせとかケア剤についてとか色々だけど

まとめるとすると結構時間かかるかもね。

でも巷のステロイドアフィリエイトサイトに書いてあることが

出鱈目だったりコピベだらけだったりするので

何とかちゃんとしたのを残した方が良いような気もする。

壮大なマトメを作ろうとすると頓挫するので

息切れしないようにダラダラ更新していくかもね。

謹賀新年

f:id:GandhiKhan:20170103094407j:plain

賀正です。

写真は初日の出ではないけど正月に家の前の海で撮ったっす。

今週のお題「2017年にやりたいこと」→自分自身のコントロールですな。

グダらないで生産的な心身をキープする事。

その為には

  • 脳の栄養補給(糖質、炭水化物)
  • 前頭葉の血流と脳内物質(ドーパミン)等を意識
  • 自分自身の書けるパターンを把握する(写真から入る、など)
  • 元気なうちに元気じゃなくなる時の貯金をしていく(薬、サプリ等)

こんな感じですかね~

加齢に負けずにことよろです。

 

乗り収めになるのか12/29

27で仕事が終わり28は休養して髪切りに行ったりした。

サイズが上がっているのは知ってたが、入ってしまうと日常がこなせなくなるので。

29はライブカメラでサイズが分かっていたので事前に40分ほどヨガしてから入水。

波乗り前後に体をほぐしておかないと調子がめっぽう悪くなる昨今。

[DVDブック]体が硬い人のためのヨガ Extra Lesson

もう2年以上このDVDブックを使っている。

スタジオに行かなくなってもこれさえあれば体をかなりリセットできる。

事前にやっておけばパドルのスムースさや波の上での自由度など違いが一目瞭然。

 

サイズは肩前後で堤防右側がコンディションが良いので結構集まっている。

 

f:id:GandhiKhan:20161230165533j:plain

帰国後一本目から割とスムーズに乗れた

f:id:GandhiKhan:20161230165633j:plain

こんな事もあったが気にしない

f:id:GandhiKhan:20161230165731j:plain

以前よりもパドル時に背骨と腰を離すよう心掛けている。

体がより前に行き、結果としてテイクオフが速くなる。

あとカメラにアップになる。

f:id:GandhiKhan:20161230165947j:plain

テイクオフ直後に斜面を滑り降りてスピードアップ

f:id:GandhiKhan:20161230170102j:plain

f:id:GandhiKhan:20161230170134j:plain

以前よりも体の動きが大きくなってうれC

 

今あばらにヒビが入っているんでだんだん力が入らなくなった為終了。

でも二か月ぶりくらいの良い波だったかな、途中までは。

カルシウムとかクレアチンとか色々補給しないと体力が持たん。

 ビタミンDは冬場には心身両面で重要ですな。

クレアチンもローディングすると意外とすぐ無くなるので

1kgあればちょいちょい買い足す手間も無い。

 

さて風がどんどん強まっているので今日より明日とサイズが下がっていくかもしれん。

そうなると昨日が乗り収めになるわけで。

今年の3月からサーフィン復帰した割にはこんなにハマるとは思わなんだ。

さすがに仕事前入水とかは体力的に出来ないんだけどw

 

あとはブログやらインスタを色々やってみてどれに時間を注げば良いのか

段々分かってきた。

そこら辺も踏まえて新しいコンテンツを現在作成している次第でありんす。

アクションカメラを使い倒す

午安

先日台湾から無事帰ってこれて、これで今年も乗り切った感じ。

どんな感じかはこちらを見て頂くとして

naminorimatome.hatenablog.comやっぱり活躍したのがアクションカメラ(中華)

スマホより小さいし動画で撮ればシャッターチャンスを逃す事が少なくなる。

しかも広角だから自分目線と写真が違う~というのも避けられる。

f:id:GandhiKhan:20161229133436j:plain

ベタな中正記念堂と自由広場

普通の一眼レフレンズだとこの角度でのコラボは厳しいかもしれん

f:id:GandhiKhan:20161229133806j:plain

空港から桃圆駅までのシャトルバス内

スマホよりも小さいから公共の場で撮影時のプレッシャーが少ない

 

f:id:GandhiKhan:20161229134232j:plain

もちろんサーフィンの動画も撮れる

この後カメラマウントが一発で破壊されたが...

 

便利この上ない中華アクションカメラだが、弱点はまずバッテリーの持ちが悪い。

でもこれは予備バッテリーと充電器のセットを買えば解消できる。

Odrvm アクションカメラ用 バッテリー 1050mAh2個付き(2個同時に充電可能) デュアルUSB充電器 SJCAM SJ4000 SJ5000 ウェアラブルカメラ対応

もう一つはビデオモードだとISOの調整が出来ない事だ。

露出の調整は出来るがいずれにせよ夜間や暗い場所の撮影はちょっと厳しくなる。

 

f:id:GandhiKhan:20161229134907j:plain

台北のイルミネーション。これ位明るければまだ何とかなる。

 

f:id:GandhiKhan:20161229135105j:plain

台中の国立台湾美術館の館内。

このように暗いと画像にノイズが混じってしまう。

 

編集にパソコンは必要になるがスマホで一発撮りよりも利点は遥かに多いと思う。

ICONNTECHS IT(JP) 4K スポーツ 防水 アクションカメラ 2インチ液晶 170度広角レンズ フル HD 1080P 2000万画素 Sony センサ WiFi HDMI 使用できる カムコーダー 自転車 ヘルメット 水泳 スキー ダイビング エクストリーム スポーツ 水中撮影 豊富なアクセサリー 付き(灰)

 

さて·2016年は生かさず殺さずで存続してきた当ブログ。

来年も殺さず運用を続けようと思うが、また新たなブログを立ち上げようかと

日々思案している。

逆にサーフィン系のネタは再びこっちに戻る予定でありんす。

つー事で今日の波乗りネタも年内にアップされるかもねw

それではまた

再见

今年のコスパ大賞最有力候補とは?

こちらもぼちぼち再開していこうと思う。

健康関連が挫折し中華カーボンでブレイクしドーピングで花咲いたこの無軌道ブログ。

再び健康関連に戻ったところで座礁していたのだが、思えばいっぱい金使ったものだ。

そんなこんなで一番コスパ(費用対効果)があった物は何かと振り返ると

(ゴゴゴゴゴゴ....)

中華GoProではなかろうかと!

ICONNTECHS IT 4KウルトラHD防水スポーツカメラ、170°の広角レンズ、フルHD1080Pソニーセンサを持っていて、WiFiもHDMIも使用できるカメラ、ダイビング自転車やエクストリームスポーツ無料のヘルメットアクセサリー (黒)

 

マジでここからすべてが始まった感があった。

中華カーボン、中華ディープリムの次は中華GoProですよ!

と言いたい気もあるがこれの良さはそれだけでは終わらない。

費用対効果でいえばドーピングも結構いい線行くが

あっちはケア剤だのなんだのとランニングコストがかかる。

あと命を少しずつ削っている

かたやこっちはランニングコストはゼロ(電気代を除く)

コスパ馬鹿にはうってつけの商材である。

 

でもアクションカメラなんて今一必要性がねーんだよ...という諸兄。

今後気分が乗ったらその優位性を気が済むまでダラダラと語りつくす所存であります。